2016 2019

BUILDING WORKSHOP 2019 #3

BUILDING WORKSHOP 2019 第3回が行われました!

第3回は5グループに分かれ提案をスタディします。

発表はそれぞれ2回行いました。

このグループは文字のオブジェクトを創る計画です。ただ文字に見えるだけではなく、それぞれが機能を持つというアイデアです。このあと模型でスタディしたようです。

この模型は水平方向からは「G」

鉛直方向からは「K」

に見えるオブジェクトを考えました。これに機能をつけ足していくことが重要になります。どんどんスタディしましょう!

 

このグループは寝ることのできる空間を考えています。1人で寝るということをどのような空間で果たしていくかを考えました。

2回目の発表では一人で寝る空間がジャングルジムの様な物の中に収めるというアイデアになりました。次回からは模型のスタディが必要になります。材料を考えて取り組みましょう!

 

このグループは日よけや風よけを考えています。その一つの答えとして、ゲルは環境的にも機能的にも優れていて面白いという結論に辿り着きました。ここからはゲルの構造などを分析していきましょう!

 

このグループはランチできる場所を目指してスタディしました。みんなカフェのイメージが強いようで、カップやストローなど看板のようなモチーフになる空間をスタディしていました。ですが、建築を考えるうえでカフェと書いてカフェと認識できる状態は良いものではないとなり、改めて感がえることになりました。どのような空間がカフェであるかをもう一度考えましょう!

 

このグループは娯楽をコンセプトに提案します。ですが、娯楽が何かという問題が難しいですね。様々な案が出ましたが、もう少し悩み続けてみましょう!きっと面白いものが出来ます!!

 

それぞれ、まだまだスタディの余地があります。

今週先生方に言われたことを忘れずに、次回からに活かしましょう!

さらに、これからは模型によるスタディが重要になります。

準備を忘れないように!!

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply