2018

BUILDING WORKSHOP 2018 #2

第2回「BUILDING WORKSHOP 2018」

今回から39人で始まります。

履修登録も決まり人数は固まりました。授業計15回頑張りましょう!

 

今回は関先生はロシアへ出張があり、久山先生、田畠先生のお二方が授業を進めます。

まずは再度簡単なガイダンスをしました。

一コマ目では今季は何を創るか、どこに創るか、アイデアを出し合います。

一人1枚のA3に白紙にみんなのイメージ、意見、アイデアを思うとおりに書きました。

 

学生たちはまだ見ぬ制作に向けてペンを動かします。

制限時間の30分間はあっという間に過ぎ、教室の壁に全員貼り出しました。

壁一面が個性でたくさん。

ここから一人ずつ自分のアイデアをプレゼンし共有しました。

 

ロマンチックな意見に皆沸いたり、他の意見になるほどと頷く学生もいました。

久山先生、田畠先生もアイデアを用紙に記しプレゼンしてくださいました。

学生とちのアイデアは、金沢区に多くある川や海から、「水」に関係する意見も多くありました。

さらにライトアップやシアターといった「夜」に関係する意見も多くありました。

上昇気流による喫煙所から出る副流煙の対策や、流しそうめんなど、アイデアは十人十色です。

 

そして学生たちのイメージしているものがモヤモヤしつつもわかってきたところで、

実際に敷地になりうる場所を探しにリサーチへ。

上記の意見により、野島公園周辺が有力だとし、出発しました。

まず、野島を回りハイキングコースを登り山頂を目指します。

当日は天気に恵まれ、リサーチを開始した15時は26℃と5月中旬並みの気温。

山頂に着くと暑さにまいった学生たちは景色を眺めながら一休み。

 

日陰で座り込む学生や、切り株の上に立ち写真を撮る学生もいました。

思い思いの場所を探し、自然と空間体験をしている建築学生達でした。

こちらの学生は野島公園展望台からの景色に疲れを忘れてくぎ付けです。

山を下り、バーべキュー場から海岸沿いを野島半周歩き、学校へ戻りました。

教室では輪を囲む様に座り、みんなで今後の制作へ向けてディスカッション。

リサーチで見つけた場所、プロジェクトのアイデアを討論しました。

水上やシアター、みんなで一つのものを制作するのかグループで制作するのか、

様々なの意見から、今後のテーマを「夜」とし、今回は閉会。

 

次回はより意見に具体性を持たせ再度発表し、さらに敷地を決める可能性も!

どんどん本格的に制作の形が見えてきそうな予感がします。

期待や不安などありますが、次回も楽しい授業にしましょう!!

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply